• HOME >
  • 「開催レポート」本祭1日目

本祭1日目

8/26(金)8/27(土)8/28(日)
前夜祭キャンパスバトル本祭1日目U-40大会2016ファイナルシード決定戦本祭2日目第9回どまつりジュニア大会セミファイナルファイナルコンテスト
  • 審査結果発表
  • ぐるめぱーく
  • 各会場の風景

本祭1日目 8/27[Sat] 8:50-21:00

国内外から207チームの“ご当地自慢”のチームがどまつりに集結!本祭1日目、約93万人ご来場いただきました!今夜、ファイナルコンテストへの切符をいち早く、「岐阜聖徳学園大学 柳」(岐阜県岐阜市)が獲得!

午前中は小雨降る中の開催でしたが午後からはだんだんと晴れ間も見え、約93万人が来場し本祭1日目を終了しました。本祭1日目には地域会場も次々とオープン。人気の観光スポットで賑わう大須観音や東海道五十三次で知られる鳴海宿など、名古屋の名所を舞台に13会場で祭りを開催しどの会場も賑わいを見せました。雨の中多くの観客の皆さまにお越しいただき、あたたかいご声援をいただきありがとうございました!

朝8時50分。久屋大通公園会場メインステージでは、今年のエントリーNo.1の「大須笑店街☆21)」(名古屋市中区)の皆さんによる高らかな開会宣言とともに本祭がスタート。また、メインパレードとなる大津通パレード会場(栄~矢場町間)ではパレード1次審査を実施。審査は10グループに分かれて競い合い、各審査グループ1位のチームは明日のファイナルコンテストへと進みます。また、各審査グループ2位のチームがファイナルコンテストへの最後の1枠をかけて、敗者復活戦としてセミファイナルに出場します。(※パレード1次審査の結果は、明日正午頃発表)

ご当地ぐるめぱーく会場では、40人未満の小編成チームが出場したU-40大会が行われました。1次審査を経て、ファイナル審査に進出した10チームの中からU-40大会大賞には、「青春応援団 我無沙羅(愛知県刈谷市)」が初受賞!応援団をモチーフにしたユニークな演舞で見事No.1の座を射止めました!

さらに、今夜メインステージで繰り広げられたのは、前年度受賞12チームによるファイナルシード決定戦。オープニングには、今年初結成の女性限定チーム「みなひめちーむ」も登場。あいち戦国姫隊のみなさんがリーダーとなって約100名の和美人たちがひらりと可愛く舞い、会場を盛り上げました!ファイナルシード決定戦では、幅広い年代の審査員による厳正な審査の結果、見事1位に輝いた「岐阜聖徳学園大学 柳(岐阜県岐阜市)」のみなさんが、明日の最終審査にあたるファイナルコンテストの出場権をいち早く手にしました!

明日は、いよいよ最終日。久屋大通公園会場をはじめとする12会場で開催します。最終日には大人気の妖怪ウォッチのキャラクター達が、どまつりに登場!大津パレード会場では、夕方5時からの「妖怪ウォッチスペシャルパレード」をはじめ、ファイナルステージなどにも登場!ジバニャンをはじめとする大人気のキャラクターが勢ぞろいして、子ども達と一緒にお馴染みの「ゲラゲラポーのうた」で盛り上がります!

そして、なんと言っても最大の見どころはどまつりの最高潮を迎えるファイナルステージ。今年の207チームの頂点に輝く、どまつり大賞の栄光をつかむのはどこのチームなのか!?手に汗握るその瞬間。どうぞ、最後までお見逃しなく!明日も皆さまのご来場・ご参加を心よりお待ちしています!

 
 
 

【第18回にっぽんど真ん中祭り 本祭1日目開催結果】

日程平成28年8月27日(土)
天気雨のち晴れ(最低気温 24.9℃ / 最高気温 29.4℃)
(17時名古屋地方気象台発表)
来場者数本祭1日目開催 13会場 / 92万7,500人
<参考>第17回 平成27年8月29日(土)844,700人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページの先頭へ