• HOME >
  • 「開催レポート」本祭2日目

本祭2日目

8/26(金)8/27(土)8/28(日)
前夜祭キャンパスバトル本祭1日目U-40大会2016ファイナルシード決定戦本祭2日目第9回どまつりジュニア大会セミファイナルファイナルコンテスト
  • 審査結果発表
  • ぐるめぱーく
  • 各会場の風景

本祭2日目 8/28[Sun] 8:50-21:00

日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げる日本最大級の踊りの祭典、にっぽんど真ん中祭り。台風10号の影響が心配された3日間でしたが、参加チームは1年間の練習の成果を、笑顔に変えて元気に愛知県内の会場で踊りを繰り広げました!

金曜日の前夜祭を皮切りに、3日間に渡り開催した第18回にっぽんど真ん中祭り。参加者の中には下は2歳から上は95歳まで参加し、老若男女楽しめるどまつり。今年は、サイパン、韓国(釜山)、そして台湾(台北市)の3カ国を含む、国内外よりご当地自慢の個性豊かな207チームが参加しました。

最終日は久屋大通公園会場をはじめとする12会場で開催。久屋大通公園会場メインステージオープニングでは、「朝一番!学生企画」でスタートしました。熊本地震発生から4カ月。地震のあった熊本県では復興に向けて一歩ずつ前へと進んでいます。どまつり学生委員会は、どまつり学生会チーム有志と共に、広報活動の一環としてキャラバン隊を結成し、毎年3月末に行われる、火の国YOSAKOIまつりに出場しています。そんな繋がりから火の国YOSAKOIまつりの総踊り曲『ばってん火の国』を熊本県より参加の肥後真狗舞(ひごまぐま)の皆さん、そしてキャラバン隊に参加している学生チーム皆さんと一緒に踊り、熊本県に元気を届けました!

さらに、最終日には大人気の妖怪ウォッチのキャラクター達が、どまつりに初登場!大津パレード会場では、夕方5時からの「妖怪ウォッチスペシャルパレード」をはじめ、ファイナルステージにも登場!ジバニャンをはじめとする大人気のキャラクターが勢ぞろいして、子ども達と一緒にお馴染みの「ゲラゲラポーのうた」で会場も巻き込み大いに盛り上がりました!

第18回どまつりの盛り上がりも最高潮になるファイナルステージ。ファイナルコンテストへの敗者復活戦と位置付けられた“セミファイナル”と、参加207チームの頂点が決まる“ファイナルコンテスト”の二部から成る「ファイナルステージ」は、参加チーム皆が憧れるステージです。

昨夜のファイナルシード決定戦で得点1位に選ばれた「岐阜聖徳学園大学 柳(岐阜県岐阜市)」と、ファイナルステージ一部のセミファイナルで得点1位に選ばれた「 kagura(名古屋市中区)」を含む、12チームでファイナルコンテストを開催。一年間この日のために努力を積み重ねてきた全207チームの頂点が決定する華麗でダイナミックなステージが繰り広げられました。8名の審査員による厳正なる審査に併せ、昨年にひきつづき、観客の皆さまもお手持ちのケータイ・スマートフォンで気軽に審査に参加できる「観客全員投票」を実施。その2つの得点を合算し、今年の大賞が決定しました!

そして18年目のどまつり大賞の歴史にその名を刻んだのは―「岐阜聖徳学園大学 柳(岐阜県岐阜市)」のみなさん!悲願の大賞に輝きました!また併せてどまつり大賞には、『内閣総理大臣賞』が授与されました。

1年間の汗と涙は、この日の笑顔のために。1年間の集大成となる演舞が“どまつり大賞”という最高の栄誉となりました!汗と涙と感動の舞台で、会場を埋め尽くした観客からは惜しみない拍手と歓声が沸き起こりました!

3日間に渡り名古屋市内外19会場で開催した今年のどまつりには、のべ220万2,000人の方にご来場いただきました!どの会場もあたたかいおもてなしの心あふれる会場づくりで大盛況のうちに幕を閉じました。全会場のべ7,000名ものボランティアが舞台裏を支えていただきました。学生だけでなく、商店街や町内会など地域の皆さんのチカラが結集し、大きな事故もなく無事開催できましたことを心より御礼申しあげます。開催にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました

参加全207チームの嬉し涙と悔し涙。夏の終わりに今年も数々のドラマが生まれ、今年もどまつりの歴史に新たな1ページが刻まれました。その笑顔は誰かのチカラに。その歓声は明日への元気に。来年のどまつりもどうぞご期待ください!

 
 
 

【第18回にっぽんど真ん中祭り 3日間観客動員数】

日程平成28年8月28(日)
天気くもり時々雨(最低気温 22.0℃ / 最高気温 29.0℃)
(17時名古屋地方気象台発表)
会場/来場者数全19会場 / 220万2,0000人(3日間合計)
<参考>第17回 1,805,200人(3日間合計)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページの先頭へ