どまつり合宿

どまつり合宿は2002年から始まっています。
参加チーム数、踊り子数の年々の増加、それに伴い、チームマナーの低下、チームリーダーの統制力の低下などが目立つようになってきました。また先輩チームが後輩チームと接する機会もだんだんと減り、改善する機会を見つけられない時期にさしかかっていました。

新文化が生まれにくいとされてきたこの中部の地で生まれた「どまつり」。不況と叫ばれる経済状況の中、奇跡的にも右肩上がりに成長し、市民全体が没頭できる共有空間を見出したこの祭りを参加者の不注意によってつぶしてしまうのは不本意だ!支部長会が頭を悩ませました。

どまつりが末永く市民の楽しみとして、このにっぽんのど真ん中に根付いてほしい。また市民一人一人が創り上げる祭りであるという原点を忘れないでほしい。接する機会がないなら、接する機会を作ろう。語れる機会がないなら語れる機会を作ろう。朝まで「どまつり」のことを話す。考え、議論し、そしてお互いを理解しあい、そこから「種」がなり、「土」に返って、「花」を咲かせる。参加者のスキルアップ、マナー向上、成長を目指し、夜中話し明かそう!!と「どまつり合宿」は始まりました。

第1回は岐阜県支部、第2回は三重県支部、第3回は西三河支部で開催をしました。夜中、飲みながら語り、笑い、泣き・・・先輩、後輩混じりあいながらどまつりについても思いを共有する空間が生まれ、一体感が生まれた瞬間でした。
どまつりは関わる人と共に成長を続けています。

どまつり合宿で、語り、笑い、そして一緒に成長してはいかがでしょうか?地域、文化、性別、年代・・・さまざまな壁を越えた出会いとともに、すばらしい仲間作りができると思っています。

  • どまつり合宿 1
  • どまつり合宿 2
  • どまつり合宿 3

このページの先頭へ