MENUCLOSE

お知らせ情報

NEWS第22回にっぽんど真ん中祭り テレどまつり参加要項

NEWS第22回にっぽんど真ん中祭りは、初の「テレどまつり」として開催。世界中から参加チームを募集します。

にっぽんど真ん中祭りを応援してくださる皆様へ

にっぽんど真ん中祭り参加チームの皆様へ

 

第22回にっぽんど真ん中祭りは、初の「テレどまつり」として開催します。

参加費は無料。世界中から参加チームを募集します。

 

1.はじめに

 昨今の新型コロナウイルスによる感染拡大に備えて、皆様方におかれましても感染拡大防止のため様々対応されていることと存じます。

これまで、2月26日付、3月11日付、4月3日付、4月10日付で、私共からチームの皆様に、練習・会議の中止ならびにイベント参加の自粛等について、重ねてお願いしてまいりました。政府による緊急事態宣言が解除された今、それぞれのチームが先を見通せない情勢の中で果たしてこられた役割や、チーム代表者の皆さんの強力なリーダーシップに対して、心からの敬意を表する次第です。

 

2.これまでの経緯

 さて、第22回にっぽんど真ん中祭りの開催可否につきましては、4月3日付の文書にて、5月中旬~下旬に判断する旨をお知らせしておりました。さらに4月10日付の文書では、その判断基準(祭りが開催できる環境)について、

 第一に「安全」であること。

 第二に「復興の起爆剤」として、県民・市民から開催が期待されること。

の二点を示し、共に満たさない限り、祭りの開催はあり得ないとお知らせしたところです。

 にっぽんど真ん中祭りは、この22年間、「観客動員ゼロ=全員参加」をスローガンに掲げ、市民に開かれた祭りを目指してまいりました。この度の判断につきましても、開催可否の結論だけでなく、その根拠を確認するプロセスも全て開示させていただきたいと考えています。

 


3.諮問委員会の意見

 そして5月27日、開催の判断基準を満たしていることを判断するために、感染症、災害・救急医療、観光等の専門家、さらに行政も加えた第三者機関を設置し、「諮問委員会」として会合を開きました。

 祭りのあり方にご関心を寄せていただける市民の皆様からは、本日に至るまで、本当に多くのメッセージをいただきました。皆様のご期待に応えたいという私たち主催者の気持ちは募る一方です。だからこそ第三者機関による諮問という「中立性」を求めました。

 

≪諮問委員会の委員≫ (五十音順)

浅井清文委員 名古屋市健康福祉局医監兼名古屋市保健所長, (座長)	北川喜己委員 名古屋大学医学部附属病院特命病院長補佐名古屋掖済会病院副院長兼救命救急センター長, 中村敦委員 名古屋市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学教授, 松雄俊憲委員 名古屋市観光文化交流局長, 八木哲也委員 名古屋大学大学院医学系研究科臨床感染統御学教授

 

 諮問委員会では、祭りの開催方法やチーム運営方法等を「祭りの開催日・開催場所」「近隣百貨店や店舗の利用」「熱中症対策」といった全19要素に分解し、感染リスクはどの要素に含まれているのか、どうしたら防ぐことができるのか、といった視点で、検討を行いました。一般に公開されていない名古屋市内の感染者状況等も委員にご披露いただきながら、詳細に検討を行いました。

 (添付資料:諮問委員会会議資料【PDF】を参照

 委員の主な意見は次の通りです。

・開催するのであれば、来場者をトレースできる環境が必要。

・開催するのであれば、人の交流を抑えるような工夫が必要。

・集合型イベントの難しさは、会場に至るまでの動線にも存在する。

・感染拡大の兆候やクラスターの発生があった場合、即時中止にできる体制が求められる。

・感染症対策の面で模範となるような取り組みをしっかり行い、例えばパブリックビューイングといった行事を開催することは検討の余地がある。

・チームの練習の際は、屋内であれば収容率50%以内かつ100人程度を上限とし、1時間につき20分程度のインターバルを設けること。

 

4.にっぽんど真ん中祭りの開催可否判断

 第36回新型コロナウイルス感染症対策本部(5月25日)での配布資料では、イベント開催制限の段階的緩和の目安が示され、「全国的・広域的」な「お祭り・野外フェス等」については、一定の条件を付与しつつも、8月1日を目途に開催を認める記載もあります。しかしながら、上述のような、例えば全ての来場者をトレースする環境を整備する、といった物理的要件をクリアすることは困難と考え、従来のような市街地での祭りは開催しないことを判断いたしました。

 政府は、6月19日以降、県境をまたぐ移動を容認しながら、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一環として、観光や消費を喚起する「GoToキャンペーン」を実施するそうです。近い将来、どまつりが愛知県や名古屋市から期待され、「復興の起爆剤」としてお役に立てることがあるのであれば、委員からも提案があったような、例えばパブリックビューイング等のイベントについても、検討できるかもしれません。

 


5.チームの練習方法

 諮問委員会では、チームの練習方法についても具体的に示されました。

屋内の場合:収容率50%以内かつ100人程度を上限とし、1時間につき20分程度のインターバルを設けること。

屋外の場合:2メートル程度の十分な間隔をとること。

 激しい運動時にマスクを着けると酸素濃度が下がる。踊るときには外した方が望ましい。練習時にマスクを着けるのであれば通気性の良い布製が望ましい。

 (添付資料:諮問委員会会議資料「熱中症予防行動」【PDF】を参照

 手指消毒や移動時のマスク着用、発熱等の症状がある者は参加を避けるといった、基本的な感染防止策を徹底・継続することは、これらの前提です。また、全ての参加者を把握して、トレースできるようにしておくことも重要です。

 ※「チーム練習ガイドライン」を別途掲載します。

 


6.「テレどまつり」の概要

 第22回にっぽんど真ん中祭りのチーム募集は、3月2日から5月7日までの期間に行い、なんと、140チームの皆様にお申し込みいただきました。このような時勢に、にっぽんど真ん中祭りに期待を寄せていただいた皆様に、改めて感謝申し上げます。

 テレどまつり開催日:8月28日(金)~30日(日)

 テレどまつりの「テレ(tele)」とは、「離れた所」という意味です。今年のにっぽんど真ん中祭りはオンラインで開催します。開催方法が従来とは異なるため、いったんお申し込みをいただいた全てのチームの賛助会費(参加費)を返金させていただき、改めて、「テレどまつり」としてチーム募集を行います。参加費はもちろん無料とさせていただきます。

 「テレどまつり」には、時間や空間の制限がありません。世界中からの申し込みを受け付けます。テレどまつり参加要項をよくお読みいただき、ふるってお申込みいただきたく、お願い申し上げます。

 


7.結びに

 にっぽんど真ん中祭りには、五十年構想という理念があります。その中には「にっぽんど真ん中祭りは、世界の地域文化が集い、誰もが創る全員参加型の祭りを目指す」という一文があります。どまつりは、世界中の地域文化が集う祭典、いわば多様性と交流の祭典です。「テレどまつり」を通じて、世界の多様性を大いに感じたいと思います。そして、このような取り組みが、それぞれのチームにとって、ふたつとない〝地元の魅力〟の掘り起こしにも繋がるならば、どまつりとして、この上ない喜びです。


令和2年5月29日

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団

 

NEWS「どまつり開催可否を判断するための諮問委員会」会議資料を公開

NEWS第22回どまつりの開催可否を判断するための諮問委員会を開催します

 第22回にっぽんど真ん中祭り(8月最終週開催予定)の開催可否を判断するために、感染症、災害・救急医療、観光の専門家、さらに行政も加えた第三者機関を設置する旨を告知しておりましたが、この度、本件を判断するための諮問委員会を、下記の通り開催するのでお知らせします。なお、主催者は諮問委員会に出席しますが、会議には加わりません。

 祭りの開催可否につきましては、諮問委員会のご意見を基に、5月29日(金)を目途に主催者にて判断のうえ、同日発表する予定です。

 

(1)日程 令和2年5月27日(水)
(2)場所 名古屋市役所
(3)委員出席者(五十音順・敬称略) 〇印:座長

 浅井 清文  

名古屋市健康福祉局医監兼名古屋市保健所長

〇北川 喜己

名古屋大学医学部附属病院特命病院長補佐

名古屋掖済会病院副院長・救命救急センター長

 中村  敦

名古屋市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学教授  

 松雄 俊憲

名古屋市観光文化交流局長

 八木 哲也

名古屋大学大学院医学系研究科臨床感染統御学教授

 

(4)主催者側出席者

 岡田 邦彦  

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団理事長

 水野 孝一

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団専務理事  

 野口  宏

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団理事

愛知医科大学名誉教授

 

NEWS新型コロナウイルスによる感染症拡大防止策(第3報)ならびに祭り開催可否の決定方針につきまして

にっぽんど真ん中祭り参加チームの皆様へ

 

 昨今の新型コロナウイルスによる感染症に備えて、皆様方におかれましても感染拡大の防止のため様々対応されていることと存じます。

 政府による7都府県に向けた緊急事態宣言に続き、本日、東海地方でも愛知県と岐阜県から緊急(非常)事態宣言が発出されました。内閣総理大臣は、宣言を発出した4月7日の会見の中で、「私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる。」と述べ、そのうえで「5月6日までの1か月に限定して、人と人との接触機会を7割から8割削減することを目指す」と広く国民に呼びかけています。

 

 これまで、2月26日付、3月11日付、4月3日付で、私共からチームの皆様に、練習・会議の中止ならびにイベント参加の自粛等について、重ねてお願いしてまいりました。見通せない情勢に不安は隠せません。でも、もう少しの辛抱です。政府や自治体が示す方針に従い、あと1か月、外出の自粛を続けましょう。我々どまつりのコミュニティは、このような時だからこそ、最大の力が発揮できると信じています。そして、チーム代表者の皆さんの強力なリーダーシップで、自チームだけでなく、周囲も牽引してください。

 

 さて、第22回にっぽんど真ん中祭りの開催可否につきましては、4月3日付の文書にて、5月中旬~下旬に判断する旨をお知らせしたところです。祭りが開催できる環境とは、第一に「安全」であること。第二に「復興の起爆剤」として、県民・市民から開催が期待されること。この二つの条件を満たさない限り、祭りの開催はあり得ません。そして、これを満たしていることを判断するために、感染症、災害・救急医療、観光の専門家、さらに行政も加えた第三者機関を設置します。結論だけでなく、その根拠となるプロセスも開示する方針です。

 

 また、このような検討プロセスを経て、第22回にっぽんど真ん中祭りが開催されるとしても、例年のような審査を実施しないことも検討します。このような国難を乗り越えるために、世界中の多くの命が犠牲になっています。私たちはそのことを決して忘れてはなりません。第22回にっぽんど真ん中祭りは、全ての人類と、それぞれの地域が復興するきっかけとなる祭りにしていきましょう。

 

 内閣総理大臣が示すとおり、「5月6日までの1か月に限定して、人と人との接触機会を7割から8割削減」することができれば、必ず先は開けます。

 皆様と共に、この難局を必ず乗り越えます。様々申し上げましたが、何卒ご理解くださいますよう、切にお願いいたします。

 

 そして、皆様方と〝第22回にっぽんど真ん中祭り〟にて元気にお目にかかれますことを、心から祈念しております。

 

令和2年4月10日

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団

専務理事 水野 孝一

NEWS祭りの開催可否判断と、祭り参加に伴う賛助会費(参加費)の取り扱いにつきまして

 昨今の新型コロナウイルスによる感染症に備えて、皆様方におかれましても感染拡大の防止のため様々対応されていることと存じます。

 

 現在、第22回にっぽんど真ん中祭り(令和2年8月最終週末)は開催することを前提に準備を進めておりますが、一方で、感染症や災害・救急対応等の専門家、行政庁等に意見を求めながら、情勢を注視しているところです。

 

 今後の情勢によっては、祭りを「中止」したり、「開催方法(時間, 場所, 内容等)の見直し」を選択したりすることも視野に入れております。その発表は5月中旬~下旬頃を予定しており、かつ、発表ののちも情勢次第では変更することもあり得ます。

 

 もし、参加申し込み(チームエントリー)を完了したのちに、第22回にっぽんど真ん中祭りが中止となった場合は、祭り参加に伴う賛助会費(参加費)は、返金対応させていただきます。

 

 これまで、2月26日付、3月11日付で、私共から祭り参加チームの皆様に「新型コロナウイルスによる感染症 拡大防止策につきまして」と題した案内を随時発出してまいりました。皆様におかれましては、見通せない情勢に不安を感じていることと存じますが、この難局を乗り越えるために、それぞれのチームが果たすべき役割を、チーム代表者の強いリーダーシップのもと推進してください。私たち主催者も、にっぽんど真ん中祭りが果たすべき役割をしっかりと認識して、情勢と正面から向き合ってまいります。

 

 

令和2年4月3日

公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団

NEWSどまつりの書籍化決定!『人も街も動かす!巻き込み力』水野孝一著

日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げられる日本最大級の踊りの祭典 にっぽんど真ん中祭り。通称「どまつり」。
 

どまつりの創設者である水野孝一が、満を持してどまつりの誕生秘話から、これまでの軌跡を語る。いかにして祭りを作り出したのか、またどうやって困難を乗り越え、夢を叶えていったのかなど、街おこしとなるイベントの作り方、続け方のノウハウに加え、老若男女さまざまな世代の人や組織を、いかに共感させて自分の味方につけるのかなどのヒントも紹介しています。
 

イベント主催や街おこしに悩んでいる人はもちろんのこと、自分の夢を具現化するため何をしていいかわからない人のツールとして、ぜひ手に取ってください。

 

 

【本書概要】

書名:21歳の学生が、200万人を呼び込む「どまつり」を作り上げた!

人も街も動かす!巻き込み力

著者:水野孝一

仕様:四六判、240ページ

発売日:2020年4月1日

ISBN:9784048966825

定価:1,400円(税別)

 

 

【書籍のご購入はこちら】

カドカワストア

Amazon

紀伊國屋書店

楽天ブックス

7ネット

NEWS新型コロナウイルスによる感染症 拡大防止策につきまして(第2報)

にっぽんど真ん中祭り参加チームの皆様へ

 

 昨今の新型コロナウイルスによる感染症に備えて、皆様方におかれましても感染拡大の防止のため様々対応されていることと存じます。

 

 さて、2月26日付にて、皆様に宛てた文書「新型コロナウイルスによる感染症拡大防止策につきまして(重要)」にて、練習・会議の中止ならびにイベント参加の自粛等について通知したところであります。

 

 本日をもって、その2週間が経過するところですが、政府や地方自治体が発する情報によれば、依然として緊急対応を要する状況に変わりありません。政府は緊急対応策第2弾を取りまとめたり、各地方自治体においても公共施設の休館期間を延長したり、また名古屋市においても「新型コロナウイルスの感染拡大を全市一丸となって防止するための条例」を制定、施行させるなど、それぞれが執るべき対応に、一丸となってあたっています。

 

 このような中、本日をもって2月26日付通知内容を解除することは誠に好ましくないと判断し、引き続き、練習・会議の中止ならびにイベント参加の自粛等について検討のうえ、適切なご対応をいただきたく、改めて通知します。

 

 皆様と共に、この難局を乗り越えていきたいと思います。趣旨に鑑み何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 皆様方と第22回にっぽんど真ん中祭りにて元気にお目にかかれますことを、心から祈念しております。

 

 

▼チーム代表者の強いリーダーシップのもと、検討いただきたい事項

 1.当面の間の練習を中止すること

 2.当面の間の会議・会合を中止すること

 3.当面の間のイベント参加を見合わせること

 4.以上の3点に加えて、当面の間の外出自粛を奨励すること

 

以 上

NEWS第22回にっぽんど真ん中祭り 参加チーム受付は3月2日10時開始!

第22回にっぽんど真ん中祭り参加チーム申込は、2020年3月2日(月)午前10時より、どまつり公式サイトにて受付開始!

 

「第22回にっぽんど真ん中祭り参加チーム 参加要項(PDF版)」を熟読の上、専用ページからお申し込みください。

 

参加申込締め切りは、5月7日(火)24時です!


22年目のどまつりに、どうぞご期待ください☆

皆さまのご参加を、心よりお待ちしています!

NEWS新型コロナウイルスによる感染症拡大防止策(先2週間の活動制限)につきまして

 昨今の新型コロナウイルスによる感染症に備えて、皆様方におかれましても感染拡大の防止のため様々対応されていることと存じます。2月25日発表の政府見解では、現在の状況について「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている状態」と伝えられました。2月26日には、「この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要」としたうえで、スポーツ、文化イベント等の中止、延期についても具体的に言及しています。

 

 にっぽんど真ん中祭りのチームにとって、この季節は、練習・イベントであったり、そのための準備・会合であったり、何かと立て込む頃かと存じております。

 

 このような時節だからこそ、チームの代表者様におかれましては、強力なリーダーシップのもと、なお一層の感染拡大の防止策を講じていただきたく、私共として強くお願いするものであります。

 

 皆様と共に、この難局を乗り越えていきたいと思います。趣旨に鑑み何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 皆様方と第22回にっぽんど真ん中祭りにて元気にお目にかかれますことを、心から祈念しております。

 

▼チーム代表者の強いリーダーシップのもと、検討いただきたい事項

1.先2週間の練習を中止すること

2.先2週間の会議・会合を中止すること

3.先2週間のイベント参加を見合わせること

4.以上の3点に加えて、先2週間の外出自粛を奨励すること