MENUCLOSE

事務局ブログ

「2022年・第24回にっぽんど真ん中祭り」の記事一覧全2件

今年、市街地で開催するどまつりは、久屋大通公園会場メインステージで1次審査を行います。審査は時間帯により①~⑫の12グループに区分して実施します。各審査グループは6人の審査員で構成します。

詳細は次表を参照ください。どまつりの魅力は、それぞれの地域の個性の「表現」と、演舞を観て心躍らせる「感動」の2つです。この2項目を分かりやすくまとめ、審査項目としています。

どちらも大切な要素なので配点は同等。同点処理が必要となる場合は、「感動点」を考慮し順位を決定します。審査の有無にかかわらず、観る人を楽しませる力は、この2つをどう表現するかが鍵となります。





また、審査グループは、YouTubeライブ配信で公開抽選会を行い決定しました!
オリエンテーション・公開抽選会の模様はこちら


ステージ1次審査グループ一覧はこちら


ステージの熱い演舞もお見逃しなく☆

今年のポスターデザインはこちら!
 

市街地開催とオンライン開催のダブル開催を、夏色の爽やかなストライプのデザインで表現しました。
飛び出る楽しさが伝わるような写真と共に、下部分には名古屋の街中とオンラインの様子を遊び心で仕上げました。

キャッチフレーズは・・・

「会う、贅沢。」
「画面越しの、興奮。」


オンラインで買い物もでき、飲み会もでき、お祭りもできるけど、やっぱり直接会って同じ空間、同じ時間を共に味わうことは、なんて贅沢な時間なんだと気づかされた2年間。LIVE(市街地)で楽しむ祭りの醍醐味をこの夏、再び名古屋で味わおう。


皆さんと共に挑戦した2020年。手探りの中始まったテレどまつりは、日本中のHOME(地元)が集い、新たな魅力を生む出すことができました。 HOME(おうち)に居ながらにして画面越しでも、興奮したあの夏を忘れられない。

今年のどまつりは、ダブルの感動と興奮をお届けします。
今年は、ダブルで楽しんだもん勝ち!