MENUCLOSE

どまつりブログ

「2019年12月」の記事一覧全2件

毎年恒例の「どまつりフォトコンテスト」を今回も開催しました。
踊り手たちと同じように、カメラマンたちも老若男女、様々な方々にご応募いただき、応募総数約1500作品の中から31作品を選出しました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
今回の受賞者は70代から最年少は、なんと14歳!
審査員をも唸らす作品に巡りあえたことを大変嬉しく感じています。
 
 
受賞31作品の傾向としては…
・どまつりらしい作品
・色味(明るさ、配色、コントラスト)と構図が重視された、全体のバランスが良い
作品が多く選出されているなぁと感じています。
 
一瞬でどまつりらしさをとらえるのは、至難の業。
一瞬を技術とセンスでバシッと決まった作品たちばかりですよね!
 
 
 
これらの受賞作品をそろえた、「にっぽんど真ん中祭り2019フォトコンテスト」写真展を明日12月20日(金)から開催します。
生でみる作品一枚一枚にドラマが感じられ、躍動、熱量、迫力、感動がよみがえってきますよ!
ぜひお越しください♪
 
 
 
入選点数が限られているため、今回は惜しくも入選作品に選出されなかった作品たちも、次回のどまつり開催までに、写真展として各地に展示されるものもあります。
想いのつまった作品たちを、どうか皆様に見てもらい感じ取ってもらいたいと考えています!!!
こちらもお楽しみに♪ 

次回のどまつり合宿は、来年2020年2月1日(土)~2日(日)に、恒例となってきました、日本有数の温泉地、下呂温泉は水明館で開催します。昨年は約400人の参加チームのリーダーが会し、1泊2日かけてリーダースキルアップと交流を目的とて開催し、今年も新しい学びや気づきの多い合宿にしようと実行委員会は、ミーティングを重ね、まずは募集要項としてまとめました。

 

第18回どまつり合宿の募集要項を発表!

 


今回の合宿のテーマは「ぼくたち どまつりやってる意味あるの?」です。

 

 

鮮烈なコトバの奥には、チームが大切にしていることは何か?踊ることで何の役に立っているのか?そもそも踊る意味とは何か?といった、本質や根源に触れる問いが見え隠れしています。

 

今回の合宿では、そんな本質を見つめて、揺るぎないチームの大黒柱=理念を、築き上げることを一つの目的にしたいと思っています。

 

この20年で個々のライフスタイルも変化し、さまざま価値観が生まれました。これからも、もっと楽しく、人生を豊かにする祭りを楽しむために、広がる可能性をみんなで見つけていきましょう。

 

年に一度のどまつり合宿は、祭りを通じ世代や地域を超えてとことん話し、学びあえる場所です。さらに、祭りの分野だけでなく、学業や仕事、日常生活を過ごすうえででも役立つヒントがあるかもしれません。

 

チームリーダーはもちろん、どまつりを通して自分自身をレベルアップさせたい方など大募集!

 

参加要項と申込受付はこちらから♪

 

募集期間は、2019年12月22日(日)までです。皆さんのご参加を心よりお待ちしています。