MENUCLOSE

どまつりブログ

「2019年8月」の記事一覧全4件

第21回どまつり大賞「嘉們-KAMON-(大阪府大阪市北区)」

準どまつり大賞「夜宵(名古屋市中区)」

準どまつり大賞「岐阜聖徳学園大学 柳(岐阜県岐阜市)」

令和初の開催となった第21回にっぽんど真ん中祭り。
8月22日(木)~25日(日)の4日間に渡り愛知県内23会場で開催した今年のどまつりには、のべ235万7,000人の方にご来場いただきました。土日の本祭2日間は残暑厳しい中での開催となりましたが、参加チームは1年の練習の成果を笑顔に変えて、元気に踊りを繰り広げました!

 


どの会場もあたたかいおもてなしの心あふれる会場づくりで大盛況のうちに幕を閉じました。学生だけでなく、商店街や町内会など地域の皆さんのチカラが結集し、大きな事故もなく無事開催できましたことを心より御礼申しあげます。開催にあたりご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

最終日の夜、手に汗握るファイナルコンテストには、ファイナルシード決定戦で得点1位に選ばれた「kagura(名古屋市中区)」と、セミファイナルで得点1位に選ばれた「ペプシ怪物舞踏団(東京都港区)」を含む12チームが出場。

 

準大賞に輝いたのは「夜宵(名古屋市中区)」「岐阜聖徳学園大学 柳(岐阜県岐阜市)」の皆さん。

 

 

そして、21年目のどまつり大賞の歴史にその名を刻んだのは―
「嘉們-KAMON-(大阪府大阪市北区)」のみなさん!初の大賞に輝きました!

 

21年前、どまつり誕生ととにも掲げた祭りのコンセプト『観客動員ゼロ』。全員が祭りに参加するという想いを込めています。20年後、令和の新時代になり、まさに“観客動員ゼロ”を体現してみせた「嘉們-KAMON-」の演舞。観客のみなさんも巻き込み会場が一体となり、大きな歓声と共にムーブメントが巻き起こりました!

 

開催レポートはこちら

全審査審査結果こちら


今年のどまつりでも数々のドラマが生まれ、歴史に新たな1ページが刻まれました。来年は、2020年8月27日(木)~30日(日)第22回にっぽんど真ん中祭り開催予定。

 

新時代に入り更に多様性を広げ、世代、地域を結ぶどまつり。どうぞ、次回のにっぽんど真ん中祭りにご期待ください!

こんにちは!
第21回にっぽんど真ん中祭り学生委員会 代表のみきです☆

 

いよいよ明日から4日間、どまつりが始まります。
昨年20周年という節目を終え、元号も平成から令和へと新たになった今年のどまつり。
今まで20年間大切にしてきた熱い思いを背負い、学生委員会一同頑張っていきます!

 

 

本気でアツク
本気でみんなで
本気でどまつり 
本気で、本気で
本気で、本気で
本気で、楽しむ
よっしゃ、行こうか
1、2、3、DO!

 

学生委員会恒例の気合い入れ!今年も24人でおこないました!

 

祭りは人と人を繋ぐことができる素敵な場所だと思います。
来て頂ける皆さんにも、どまつりを通して出逢える沢山の方たちとのご縁を感じて、祭りって素敵な場所だなと思って頂ければ嬉しいです!

たくさんの方のご来場をお待ちしております!!!

先日、8/17(土)に安全祈願祭を執り行いました。どまつりの事務局、学生委員会をはじめ、設営・進行スタッフなど総勢40名が参加しました。若宮八幡宮の権禰宜の田中さんに、第21回にっぽんど真ん中祭りの安全と成功を祈願いただきました。

いよいよ今年も始まるのだと、身の引き締まる思いです。

天候にも恵まれますようにheart

 

 

安全祈願祭を無事に滞りなく終え、いよいよ久屋メインエリアの設営がスタート!

 

 

久屋大通公園会場 メインステージや、

 

 

同じ広場に隣接する、約1300席設置の特別観覧席。

特別観覧席のチケットはこちらから♪


火曜日には、ステージ意匠もだんだん姿を現しました!

 

 

今年は、8月22日(木)~25日(日)の4日間に渡り第21回にっぽんど真ん中祭りを開催します。

 

会場別のスケジュールはこちらから♪

チーム別のスケジュールはこちらから♪

 

皆さまのお越しを心よりお待ちしています!

どまつりまで、あと1週間‼いよいよ来週末の8月22日(木)~25日(日)の4日間に渡り、第21回にっぽんど真ん中祭りを開催します★

 

設立当初からの祭りのコンセプトは「観客動員ゼロ=全員参加型」の祭りを目指すコト。その象徴が、どまつり期間中各所で行われる“総踊り”です。その総踊りの中に今年新たに新曲「晴れルヤ!」が仲間入りしました♪

 

この夏、地域のお祭りでも各所で踊っていただきありがとうございます。今日は、新曲「晴れルヤ!」の制作秘話を少しご紹介します。

 

 

 

 

実は、新曲総踊りを作成するにあたり、昨年の11月からチームの有志の皆さんとどまつり事務局で総踊り制作プロジェクトチームを発足。テーマや歌詞のイメージ、曲のテンポなどを作り上げてきました


これまでの総踊りのイメージを継承するところ、改革するべきところ、新しいファン層を増やすにはなど、様々な切り口で新曲への想いを言葉に表します。

 


そこで、出てきた新曲に込めるテーマが『衝撃的で思い出に残る総踊り』

 


それは、自分がどまつりに出会うきっかけになったのが20年前のある夏祭りでの総踊りでした。どまつりも知らなかったし、人前で踊ったことも無かった。夏祭りでどまつりタイムで行われていた総踊りに、見よう見まねで飛び込んで無我夢中で踊った楽しさ踊った後に残った高揚感と何とも言えない満足感もっと踊ってみたい!と思える衝動。その体験で得た“衝撃的な思い出”として、その後どまつりに係ることになったきっかけになりました。そんな、あの時の感動体験が味わえるような総踊りを作りたいっ!と制作の土台が固まりました。

 


「晴れルヤ!」には、制作プロジェクトチームで考えた言葉や表現方法が歌詞の随所にちりばめられています。祭り期間が天候に恵まれますようにと願いを掛けて言葉にし気分の浮き沈みを天候で表し仲間と共に1年間かけて作り上げてきた集大成を年に一度のハレ舞台で披露するという意味が込められています。誰もが主役になれるどまつり。普段とは違った、太陽に照らされたようにキラキラした自分にで出会える場所がどまつりです。


「晴れルヤ!」のポップでキュートな歌声は、小中学生のかわいい5人の女の子たち。この新総踊りのために、今年初めてどまつり公式サポーターとして結成された「アメノチハレ」のみなさんです。どまつりの最終日、8月25日(日)のファイナルコンテストのオープニングにも登場いただきます♪さらに、ダンス要素が高い振り付けで、楽しくかっこよく踊る総踊りを目差し、キレのあるダンスに仕上がりました

 

 

 

もちろん、踊るだけが参加じゃない★“ハレルヤ!”コールや手拍子の参加ももちろんOK!一緒に歌うのもOK!

 

夏の最後、今年はみんなで一緒に「晴れルヤ!」で楽しいどまつりの思い出を作ってください♪

 

◆振り付けグループVersion

◆振り付け詳細Version

◆ミュージックビデオ


ここで、「晴れルヤ!」の歌詞をご紹介します♪


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

晴れルヤ!


気分は雨ふり落ち込んでも
みんなで踊れば 晴れルヤ

それでもダメ押し曇り空
みんなの笑顔で 晴れルヤ


大丈夫さあ行こう
君と踊れば最高
I know!     Why not?
Find out!   Right now!

一度踊れば最強
やっぱみなぎる細胞
I know!     Why not?
Find out!   Right now!

Way to the Dream
この景色 忘れない
輝く虹見た雨上がり

いつでもいつまでもこれからも
僕らの想いは変わらない

明日も晴れルヤ


いつもと違う日曜日
今日はハレの日 晴れルヤ

目指すは僕らのハレ舞台
みんなで踊ろう 晴れルヤ


君の笑顔は太陽
ずっと踊っていたいよ
I know!     Why not?
Find out!   Right now!

だって知らなきゃかわいそう 
わからなくてもご愛嬌
I know!     Why not?
Find out!   Right now!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

CDのご購入はこちらから

どまつり合宿

第18回どまつり合宿レポート